食中毒

食中毒になりました。死ぬかと思った

 

原因はバナナスムージーです。掃除してたら筋トレしてた頃に買ったミキサーを見つけたのが敗因。バナナと牛乳をすり潰して忘れたまま夜をまたぎ、日光当たる場所に放置してたのがアウトだった。起きて気付いて取り合えず冷蔵庫に突っ込んで「大丈夫やろw」と飲んで4時間ぐらいで腹痛に殺されました。なーにが大丈夫かアウトじゃダラ

 

ちなみに対処法は水がぶ飲み+トイレ+抗生物質+点滴っぽいです。左腕に針刺さったままベッドの上でこれ書いてます。やることないので暇すぎます

特に予定もない独り身なのでこの入院体験は僕だけの思い出になりそうです。人生初入院。救急車は呼ばずに頑張って病院調べて辿り着きました。待ち時間が永遠に感じるぐらいきつかった。頭部ハゲかかったお医者さんに「君よく我慢できてるねぇ」とか褒められたからな。頑張った僕。よくやった

もう一生バナナスムージーは作らないでおこうと思います。げろげろげろげろ

 

以下、初入院で色々面白いものを見たので書いていこうと思います

 

まず看護婦さんの体を触る入院おじさんを見ました。漫画の中だけかと思ってた僕

60歳ぐらいの結構元気そうなおじさんが20~30ぐらいの看護婦さんにもたれかかってました。うへ、と思いましたが僕は飲水と嘔吐と下痢のラッシュでふらっふらだったので止められませんでした。許してください

ちなみにやられてる方はめっちゃ嫌そうな顔で、体ズラしてました。慣れてるらしいです。大変そうだなって思いました。いやマジ大変だな…

 

次に看護婦さん同士の陰口みたいなのも見ました。怖かったです

4人部屋に放り込まれて寝かされてるんですけど、どうも2ベッドが空いていて、残り1つは花束添えられてました。退院したのかご臨終したのか僕にはわかりません

というわけで割と大部屋個室っぽい感じなんですけど、夕方ぐらいまでずっと食中毒と格闘していたので喜ぶ余裕もありません

横たわるしかなくて、でもお腹ずっとぐるぐる言ってて眠れなくて、目を閉じてひたすら眠れ眠れと自己暗示してました

するとスーッと扉が開いて、看護婦さんが1人入ってきて。少し経って多分もう2人ぐらい入ってきました

そして始まる井戸端会議。小声なんですけど同じ部屋なんでだいたい何言ってるか聞こえちゃうんですよね。怖すぎ増永

内容は主に迷惑な患者さんのこととか、入退院した患者さんのこととかでした。あとやっぱ尿の世話とかが必要な人もいるらしく、慣れたかどうかを新人っぽい人に聞いたりもしてました。新人がまだ使いものにならねえみたいなことも聞こえました。こy

結構日常会話も多かったので思ったほどドロドロはしてませんでしたが、僕のいる部屋でやらないでほしいなって思いました。寝てると思われたんだろうか。誰か入ってきたら反応すりゃよかったかも。微動だにしないようにしたのが悪かったっぽい。こわすぎぃ

 

ちなみにエロ漫画とかでよく見るhな看護婦さんによるhな看護はなかったです。悲しすぎ増永

2回ほど見回りのおばちゃんがきてちょっと話して「男なのに情けないねぇ」と笑って背中バンバン叩いてどっか行きます。許せねえよ僕

あと病院でスマホの充電器は貸りられるっぽいです。スマホ持ってきといて良かった。ただ何か食べたかったら夕方ぐらいで閉まる売店で買っておくしかないっぽい。1日入院だとご飯出ないって先に聞いておいて良かったよほんと。まぁ点滴のせいであんまお腹減ってないんですけど

 

明日の朝には出て行けと言われました。実際もうお腹ぐるぐる言ってません。けど夕方ちょっと疲れて寝ちゃったので目が冴えてます。どうすりゃいいんだこれ…

 

書くことなくなったのでおしまいです

皆さんも食中毒には気を付けましょう。バナナと牛乳にはマジでな